27歳男性 心配事を減らしていく&小さいステップをつくることで回復

27歳男性 心配事を減らしていく&小さいステップをつくることで回復

私の自己紹介を簡単にさせていただきます。

地方出身でしたが、大学進学を機に都内の有名私立大学へ進学しました。

特に勉強に励むわけでもなく、周囲に同調しサークル活動へ注力。

そのまま、周りが就活をしていく中、自分も周囲と同様に一部上場企業、有名ベンチャー企業、大手企業、金融機関を中心に就職活動を進め、”無事に”一部上場企業へ就職しました。

社会人になってからはかなり働きましたが、残業代も出ない職場でした。

ストレスからか、同時にプライベートでお金遣いも荒くなり、仕事でもうまくいかなくなり、生活リズムも崩れ、どんどん負のスパイラルに陥っていき、最終的にふさぎ込んでしまいました。

PCに向き合っても頭が回らず真っ白になり、手を動かすのが難しくなってしまっていました。

医師からは”うつ”の診断を告げられました。

最初の1か月間は殆ど外にでることもできずにいましたが、休職・休職手当に必要な書類(医師の診断書等)を得るために病院と自宅の行き来はするようになりました。

最初は病院と自宅の行き来をすることだけを目標に生きていました。

外に出るのが怖かったです。

2か月ほど経ったころ、次第に思考も回復していき、病院の薬の力を借りて生活リズムを回復することを目標にしました。

また、同時に、お金の問題をクリアすべく弁護士事務所にも行き、休職手当申請も行いました。

3か月ほど経過したころ、心配事も減り生活リズムももどったため、次第に人に会うようになりました。

とにかく自分が情けなかったし、嫌だとも思います。

未だに嫌な部分もあります。

ですが、もうどうにも変えられないと思うと少し楽になりました。

本当に自分がやりたいこと、周囲を気にせずに楽に生きていくにはどうしたらいいんだろう、そんなことをよく考えるようになりました。

人に会うようになってからは、100%ではないにしろ、徐々に自分の弱い部分も出せるようになっていきました。

そんな中、どんな自分でも認めてくれる人と会うことができました(元々知り合いでしたが、今回の件があってからかなり気にかけてくれるようになった)。

その人の進めでジムにいくようになったこと、仕事で無理して残らないようになったこと(3か月程の休職期間を経て復職しました)、多少わがままに生きれるよう心掛けたことが、回復につながったのかもしれません。

いまだに回復しているのかどうか不安ですが、前よりは良くなったと、自分で認めるようにしています。

振り返ってみて思うのは、あまり頑張りすぎず、どう考えても達成可能な、小さな小さな目標を設定できたことが、回復につながったのかもしれません。

とりあえず窓を開けてみるようにしよう、タバコを買いに行く、等なんでもいいと思いますが、小さな小さな目標を設定することが、元気になる近道なのかもしれないなと思います。