32歳 女性 仕事を退職してのんびり過ごした 自分を大切に

32歳 女性 仕事を退職してのんびり過ごした 自分を大切に

私は、会社員として8年程働いていた時にうつになりました。

その後退職し、現在はアルバイトをしながら夫と二人暮らしをしています。

うつになった原因は、仕事をがんばりすぎてしまったという一言に尽きると思います。

当時の私はそれなりに仕事ができて、仕事に対しては真面目で責任感がありました。

仕事も好きだったし、自分の生きがいのようなところもあったのですが、肉体的にも精神的にも少し無理をしてしまったんだと思います。

うつになってから、1ヶ月休職しました。

様子を見て、復職できそうなら復職しようと思ってはいましたが、休職中も仕事の事が気になり、いろんな人に迷惑をかけているという罪悪感が常にありました。

結局、退職をして、とにかく何もしないという生活をしばらく送りました。

退職をしたら、どうやって生活をしていこうかという不安も大きかったのですが、夫に「自分と仕事どっちが大事なの?自分に決まってるでしょ?」と言われ、目が覚めたような気持ちになりました。

(当時も結婚していましたが、夫は自由業で給料も私を養えるほどはありませんでした。

)その後、私の何もしない生活というのは約半年位続きました。

最初の3ヵ月くらいは本当に何もせず、毎日ただただソファーに寝転がり、うとうとしたり、ラジオを聴いたり、うつから回復した人の体験談をスマホで読み続けたりしていました。

起き上がるのは、ごはんを食べるときとトイレに行く時くらいでした。

ごはんはどうしていたのかあまり思い出せませんが、夕飯だけは夫のために作っていたような気がします。

会社を辞めたらやめたで、あの仕事はどうなったかな、とか、私ってみんなに迷惑かけて恨まれてるかな、とか、私って息を吸って吐いてごはん食べるだけで何の役にも立ってないな、とかぐるぐると同じ事ばかり考えていました。

しばらくは、そんなことを考えて過ごしていましたが、いろんな人のブログを読んだりラジオを聞いたりする中で、みんな結構自由に過ごしてるんだなあ、とか、こんな考えもあるのか、など思うようになり、別に誰かや何かの役に立ってなくても、生きてていいんだよなあと自分の状況を受け入れられるようになりました。

私は元々真面目な人間なのですが、うつになってから、世の中ってけっこうなんでもありなんだな、と考えが柔らかくなりました。

いま、うつでつらい方もいらっしゃると思いますが、とにかく自分を責めずに、仕事や周りではなく自分を一番大切にしてほしいなあと思います。