31歳男 会社でイジメられうつ病になり、転職で再起

31歳男 会社でイジメられうつ病になり、転職で再起

私が以前から苦しんでおりましたうつ病についてなのですが、うつ病なんて自分は絶対にかかるハズがない!と以前から自負しておりまして、絶対にならないと思っていたのですが、しかし、それは淡い幻想であり、絶対にならないと思っていた自分自身がうつ病で苦しむ形となるのでありました。

私は、新卒と同時にとある企業に就職する形となりました。

そこでは、職人気質の先輩がおられるお世辞でも、中企業や大企業とは思えない、下手をすれば零細企業の可能性が高い現場において、最初の入社一年目の途中から、社会での洗礼を浴びせられる形になりました。

私は、当初は、正社員として就職してしまえば、後はどうにでもなると正直思っておりました。

極端な話をしますと、絶対に辞めさされる訳が無いと思っていたのです。

ところが仕事ができない日々に少しづつ少しづつ追い込みがキツくなる形となり、次第に自分が追い込まれていることに気づきました。

具体的には、仕事が遅ければ、モンキーレンチやその他の工具等で脅すような仕草をされたり、鋭い眼差しで大きく目を見開いて威圧してくるのです。

最初は、この程度なら全然大丈夫と自分に言い聞かせていたのですが、次第に、追い込みがキツくなっていく形になり、ついには、仕事をミスすれば帰らされるような状況になってしまいました。

「まだ一年目なのに」と言う思いが自分の中で駆け巡ると同時に、どうにかしてこのような状況を脱出したいと自分が居る形になりました。

私が精神を病んできたのはこの辺りからで、次第に出社拒否するような形で、無断欠勤をするような状況に陥ってしまいました。

最初のうちは会社も「一度リフレッシュしてこい!」と言う状況であったのですが、次第に厳しくなり、会社に出社しても無視されるようになりました。

これが致命傷となり、布団から出れなくなってしまいました。

ここで初めて自分がうつ病だと気づき、脱出する方法としましては、会社を辞職することでした。

今では、適職に付かせて頂き、心身共に健全な状態で勤務できております。