28歳 女 ストレスだと感じることを辞める すべてが良い経験

28歳 女 ストレスだと感じることを辞める すべてが良い経験

私は現在28歳の女性で、今は1歳の娘がおり、専業主婦をしています。

うつ病を発症したのは、中学生の頃でした。

親に連れられ大きな病院で診断されました。

回復させるために、まずは思うように行動しました。

学校の友達との連絡も一度は一切たちました。

人と関わることがストレスと感じていたので、それを辞めました。

昼間など元気なときはなるべく好きなことをするようにしました。

その時に自分がストレスと感じているものことを辞めてみました。

実際に行動に移せたのは、1か月くらいたってからだっと思います。

最初は、何に関してもイライラしたり、かと思えば悲しくて泣いてばかりで、喜怒哀楽がとても激しかったです。

感情が自分でもどうなっているのかが分からないくらいでした。

ある日、そんな気持ちも少し落ち着く時がやってきます。

少し自分の気持ちに余裕がでできたときに、先行きが不安になってきました。

このままではだめだと思い、何か少しずつで良いので行動しなければと思い、行動にうつしていきました。

ストレスを少しずつ排除していくと、心も少し楽になりました。

そんな日々を送っていると、今まで避けていたことがまたやってみようという気持ちになってきました。

少しずつですが、そのような毎日を送り、連絡を絶っていた友達とも少しずつ連絡をとり、前と同じような生活が送れるようになっていきました。

後悔していることは、親に苦労をかけてしまったことです。

今、母親になってとても感じています。

親はどんなことがあっても子どもが大事です。

子どもが悲しんでいると親も悲しいと思います。

錯乱状態になっていることも多かったですし、引きこもりの生活もありました。

親には本当に迷惑をかけてしまったと思っています。

うつ病と一言で言ってもいろいろな症状があり、人それぞれ抱えている苦しみは違います。

その時は、周りも見えなく、自分だけ苦しんでいると思っていると思います。

死んだほうが楽になると思うこともあると思います。

とても分かります。

ですが、一生今の気持ちが続くわけではないと思っています。

いつか必ず苦しみ以外の感情を感じれる日がくると思っています。