30代女性 生活環境の変化で鬱 思い込みを捨てることで回復

30代女性 生活環境の変化で鬱 思い込みを捨てることで回復

どちらかと言えば誰からも悩みなさそうだよねと言われる方で 本当にこれといった悩みもなく友達と遊びに出たら夜中まで楽しく騒ぎ飲み歩き飲み友達が増えちゃうようなタイプ 職場は休日出勤毎日残業もあるような多忙でストレス過多 そんな職場を辞めて遠距離恋愛中だった彼氏の家で結婚の準備をする為に引越し同棲を始めました引っ越してきて地元ではないので遊びに行く友達と疎遠になり何だか暇だな寂しいなと思う日々が増えたけどその分お料理屋お洗濯家事をしなければいけなかったので毎日を家の中で過ごす時間が増えました友だちと遊びに行く日もありましたが彼氏が仕事から帰るまでに家に帰って食事の準備をしなければと思うとだんだんと付き合う友達も選んでしまい減っていきました しかし好きな人とずっと一緒に入れるのだからまあいいかと思っていましたそんな日々が半年経過した頃 だんだんと家事の手際も良くなり朝彼氏をお仕事に見送ったら2時間もあれば家の家事は終わるので何もすることなくぼーっとする日が増えちょうどその頃あたりから夜うまく寝れないな何だか変だなと思う事が増えてきました 昼間に家でゴロゴロしているのだから当たり前かと見過ごしていたある日いつものように彼氏を見送った後ソファーに座りその状態で彼氏が家に帰ってきました 12時間近くソファーの上でジッとしていたのでその時に初めて自分が変!ヤバイ!と思いました 良く考えてみれば 一日中家にいるから眠れないのは当たり前そのうち眠くなるよねと2,3日連続で寝れない日があったり歩くと体がフワフワと浮いているような感じがする事 家の中でテレビを付けるとザーッという雑音に聞こえていてテレビが見れなくなっていた事 大好きな小説が読めない 字は読め単語は理解できるが文章になると脳みそが理解できなかったり 耳が膜を張ったような状態で人の話が聞き取りづらい お友達の連絡に返す気力がないなど 色んな兆候があったのに全て私がまさかねと言う感情で都合のいい言い訳を見つけて見過ごしていました 自分の状態がわからないということが怖くなり直ぐに病院に行き診断を受けお薬を飲みましたがすぐには元の状態には戻りません 生活環境の変化 結婚するから ○○はダメ!○○しなければならない!と誰からも言われていないのに勝手に思い込んで自分にプレッシャーをかけていたのも良くなかったようで思い込みは捨て遊びたい時は夜中まで遊びご飯も作りたくない時は外食にしたり買ってきたりその日の自分の気持ちを大切にするように過ごす事にしています 自分は鬱にならないと思っている人程重症化しないと気づきません 明るい性格だから鬱にはならないなんて思い込みなので 少しでも変だと思ったら病院に行くことをお薦めします