25歳女 家族・友人の支えと環境の変化により回復 環境が大切

25歳女 家族・友人の支えと環境の変化により回復 環境が大切

私は25歳の女性で、現在は製造業で事務員として働いています。

中学生の頃のことを考えると、今の自分の状態が奇跡のようで、今でもたまに不思議な気持ちになります。

私は、中学生の頃にうつ病になりました。

原因はいじめです。

私が通っていた中学校は、大半の生徒が「いじめる側」か「いじめられる側」に二分されていました。

今思い返せば異常な環境ですが、中学生の視野は狭いものですから、状況に抗うすべが分からず、中学生活が終わるまでただ耐え抜くしか選択肢がありませんでした。

しかし、私の考えに関わらず、体や心は徐々に悲鳴を上げ始めます。

やがて、勉強や趣味も手につかなくなり、体の不調によって日常生活もままならなくなりました。

さすがにおかしいと思った母に連れられて小児科の病院に行ったところ、心療内科に回され、そこでうつ病と診断されました。

それから、次々処方される薬を飲み比べながらの通院生活が始まりました。

しかし、心も体も思うように回復せず、中学3年生になったあたりから学校に通うことが難しくなりました。

その時、頑張って通学していた頃は見守ってくれていた母が、登校できなくなったことに対しても特別コメントしなかったことが印象的でした。

それから受験まで、たまにしか登校しない状態が続きましたが、その間、仲の良い友人たちは時折私の家に来て、「大丈夫?」と心配してくれたり、「明日は学校来なよ!」と冗談交じりに言ってくれたりしました。

今思えば、辛い中でも本気で死にたいと考えなかったのは、母や友人たちの気遣い、支えがあってこそだったと思います。

そんな私がどのようにうつ病から回復したかというと、単純明快、高校進学によって環境が変わったからです。

高校では驚くほどに、いじめるだのいじめられるだのといったことが起こらず、私は見る見るうちに薬を必要としない体になりました。

それから現在にかけて、時折症状がぶり返すことはありますが、どうにか社会人生活を送れています。

もし今、うつ病に苦しんでいる人がいて、原因が環境にあると少しでも感じている人がいたら、思い切って環境を変えてみてはいかがでしょうか。

きっと、色々なことが自分のせいではなかったと分かり、心が楽になると思います。