25歳女自分の内面を見つめなおすことでウツから回復、すがすがしい

25歳女自分の内面を見つめなおすことでウツから回復、すがすがしい

25歳女性です。

会社員をしています。

大学を出て、新卒で務めた会社がいわゆるブラック企業で、職場環境も悪く、毎日仕事にいくのがつらい日々でした。

しかし、周りの友達で転職を検討している人など当時はおらず、せっかく苦労して入った、一社目の会社でなんとか頑張ろうとしている人たちばかりで、仕事を辞める・変えるなどといった考えは浮かびませんでした。

2年ほど頑張って働いたある時、夜寝ようと、部屋の電気を消して、目を閉じても、まぶたの裏にチカッチカッとした光が浮かんで、まぶしくてまぶしくて寝ることができなくなりました。

さすがに気がおかしくなりそうで、心療内科を受診したところ、うつ病と判断され、仕事を辞めました。

私のうつ病の原因は、仕事がつらかったこともありますが、そんな中で、「まあ、しんどくなったらやめたらいいや!」という楽観的な考えを持てず、完璧主義を発症し、「絶対自分が頑張らなくてはいけない」という謎の正義感から、自分で自分の首を絞めていたことが原因でした。

自分に甘くする、というやり方がわからず、自分に厳しいハードルを設けることで、そのハードルを乗り越えられたときにだけz分を認めることができるようになっていました。

回復のために、まずは、自分を自分で許し、完璧主義を緩和するように努めました。

できなくて当たり前、今は働かなくていい、ゆっくり療養すればきっとよくなると思い込むことで、だんだん自分でかけた呪いが解けていきました。

しっかり自分の内面と向かい合って、「自分は人より劣っているからうつ病になる」などといった考えを捨て、自分を許す方法を覚えていきました。

発症から半年ほど経って、心療内科より薬の減薬を打診されたときは、すごく嬉しく、もう半年ほどして、完全に薬を断薬し、今は心療内科には通っていません。

働いていた2年間の無理の結果、一生を棒にふるところでした。

見ている方にアドバイスがあるとすれば、自分で自分の限界を見極め、それより少し下、もしくは半分程度のハードルを自分に設定するようにしてください。

まずは自分で自分を認めてあげてください。