44歳、男、自分のしたいことをする。今は、前を向いている。

44歳、男、自分のしたいことをする。今は、前を向いている。

私は、41歳の時に脳梗塞で右手が動かなくなりました。

最初は冗談かなと思いましたが現実でしたので、仕事も辞め家に入ることになりました。

そこから、鬱になりました。

何もすることがないのですから、そうなるのかなと思いました。

今までは、仕事が忙しくて、ぼーっとする時間がなかったので、本当に何もすることがないというのに耐えられませんでした。

ですが、 今の情報社会で、右手が使えなくても声だけで、入力することができるのです。

これは画期的です。

そして、それがとても使えるので、ほとんど直さずに行けるのです。

そして、私は、ゲームが大好きなので、ゲームをしまくっています。

今までは、ゲームはほとんどできない状況でしたので、とても嬉しく思います。

やはり人間、自分の好きなことができればなんとかなるのかなと思いました。

最初は、どうなるのかなと思いましたが、今ゲームの社会では昔のゲームがとても安いいのです。

100円とか200円とかでかえるので、仕事がなくなった私でも買えることができるのです。

そして、ロールプレイングゲームを、ゆっくりできるのでとてもありがたいと思います。

1日中ゲームができるのは夢のような世界です。

ですが、私には子供がいます。

このままではまずいかなと思いますので、お金をかけないといけないと思います。

ですから、このようなサービスがあってとてもいいことだなと思います。

今までだったら、鬱のままいたように思います。

何もすることがないのですから。

今はこのようなサービスが、あり いろんな方法でお金を稼ぐことができる世界です。

そして、パソコンを教えてくれた人にもとても感謝です。

パソコンをするまでは本当に地獄でした。

何もすることがない状況でしたので本当にありがとうございます。

人は、自分の気持ち次第でなんとかなるということに気づきました。

脳卒中が、なければ、こんな気持ちにもならずに忙しくしていたと思います。